Valour組み立て説明(専門士用)

*注意:こちらの情報はValour専用で他の自転車と異なることがあります。

 

シート

サドルがしっかりはまっていることをご確認ください(高さはお好みに合わせてください)。

ボルトが前に向いていることを確認ください、カーボンファイバーを傷つかないために大事です。

サドルのポストクランプを6Nmで止めてください(それ以上にきつくしてしないでださい)、サドルが前を向いてちゃんとはまっていることをご確認ください。

 

前輪

スキューワをハブを通して、前輪アクスルに入れてください。

ディスクブレーキとブレーキキャリパーを一直線に保ちながらタイヤをフォークスロットに入れてください。ディスクブレーキでペイントに触らないでください、ディスクブレーキは尖っておりペイントが傷ついてしまう恐れがあります。

レボリューション一つしかないスキューワスレッドにスキューワスプリングとナットを被せてください。(まだ締めないでください)。

ダイナモハブのパワーソケットを上むきとフォークと一直線になるように回してください。

タイヤをフォークとフォークの間に平行に来るようにしてください。ブレーキディスクがディスクキャリパーが付いているフォークに向いているようにしてください。

完了しましたら締めてください。片方は六角棒スパナを使って、反対側は素手で締めてください。

充電ケーブルをさしてください。

 

ハンドル

ハンドル圧縮キャップボルトを舵取りから外してから圧縮キャップを外してください。その次にダンボール管プレースホールダを外してください。

スペーサーを使ってお好みの高さにハンドルを合わせてください。

お好みの高さにスペーサーをはめた後ハンドルを付けてください。舵取りにはまるまでハンドルを優しく押し付けてください。

スペーサーを一つや二つのみハンドルの下に付けた場合、残りのスペーサーをハンドルの上に付けてください。圧縮キャップを元に戻して、圧縮キャップボルトをある程度のところまで締めてください。最後まで締めないでください。

ハンドルがタイヤと垂直になるように調整してください。(フレームを頼りにするとわかりやすくなります。)ハンドルがずれないように圧縮キャップボルトを最後まで締めてください。

必要ならもう一度調整を行ってください。

四つのハンドルボルトを以下のやり方を利用してXパターンにしてください:

  1. 四つボルトを手応えを感じるまでねじってください。
  2. もう一度ハンドルがタイヤと垂直になっていることをご確認ください。
  3. 一個のボルトを数回ねじってから斜め向かえにあるボルトを捻るようにしてください。(例:左上、右下、左下、右上。振り返す)
  4. ハンドルとリアキャップの間を平坦で保ってください。
  5. 各ボルトを6Nmまで締めてください。(締めすぎないように注意してください)

ハンドル下にさせるケーブルは3つとなります。太いケーブルは充電用で一番大きいポートにさします。残り二つの3.5mmケーブルを残り二つのポートのどちらかにさしてください。

ご質問やご心配ございましたらコメントを残してください。こちらのページを定期的に更新いたします。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk